シドニーでツアーガイドとして就職。オーストラリアの観光業での働き方

シドニーではどのように仕事を探しましたか

直接店頭に求人情報が張ってあったので飛び込みました。
これまで日本で旅行会社の営業職として仕事をしていた経験がありました。オーストラリアに来たのも前職の経験からの影響であり、何度もツアーガイドとしてツアーに帯同しているうちに「ここで生活をしたい」と思うようになったことがきっかけでした。ワーホリとして生活を始めて2年が経過した時にはおおよそのオーストラリアでの求人情報の見つけ方も理解できるようなったとともに、英語も上達していたので旅行会社のオフィスに張り紙があり、求人募集をしていたので応募をしました。スタッフは日本人だけでなく中国人や観光人などのスタッフもおり仕事上でも問題なく話せる英語のレベルを求められていたほか、日本で培った観光業界での経験という生かすこともできると思いました。ほかにも、インターネットで有料サイトになりますが、求人情報を掲載しているところもありましたので、登録をしていました。オーストラリアでは求人情報が有料というのも普通ですので日本の感覚だと驚くかもしれません。

オーストラリアでのツアーガイドという仕事について

年収は500万円ほどでした。
日本と比べるとたくさんもらっているという印象もあるかもしれませんが、オーストラリアでは物価が非常に高いので、それほど経済的に余裕のある額というわけではありませんでした。一回の買い物で5000円から10000万円というのは当たり前のような感覚なのでできる限りスーパーにはいかないように心がけていました。
実際に旅行会社で働いていた内容は、主に電話対応から来店されたお客様にオプショナルツアーの提案や日本の旅行会社から来た現地案内のサポートなどを行っていました。営業職というのは行わず、内勤が多い状況でした。また、旅行会社らしことといえば、ツアーに同行することもあるのですが特にバスツアーではドライバーさんが1人に対してツアーガイドが一人なので2泊3日ほどの間で非常に仲良くなることもありました。宿に着くと受付でツアー人数を伝えたり、食事のルールをツアー客に伝えるなど英語のできないお客様に対しての通訳兼、ツアーガイドという形で仕事をしていました。

日本人がオーストラリアで働くことについて

オーストラリアで働く場合、日本と違って家族の時間を大事にしています。残業はほとんどないだけでなく17時には仕事は終わってお酒を飲んでいるなど1日を仕事だけでなくプライベートの時間も過ごせるようにワークスタイルが構築されています。また、オーストラリアの人は職場でも本当にフレンドリーで仕事に向かう足取りも辛いと思うことはありませんでした。常に同じ職場にいる人は、フレンドリーという関係性で人間関係にも悩むことは一切なくオーストラリア人と働いたことで、これまでの日本の仕事に対する考え方を変えるきっかけとなりました。一緒に職場にいるオーストラリア人は、日本人以上に単純であり真面目であるという印象があり、盲点を突くような指摘をする上司が多数いました。「なぜ入り口に手形がついているのに拭かないんだ?」「なぜ仕事が終わったのに帰らないんだ?」など、言われたらごもっともな言葉を直球で投げかけてくるので、答えに詰まるところもありましたが、日本での社会人経験が染み込んでいるため、良いことと悪いことが住む国が変わることで大きく変わると気づかされることが多数ありました。