シドニーのレストランでホール職として就職。オーストラリアでの仕事の探し方

シドニーでの飲食業の日本人求人の探し方

仕事の探し方は、主にインターネットを利用して探しました。日本にいるときからオーストラリアで仕事をして、将来的には移住をしたいと考えていました。そのため、永住権が取れるように長く仕事ができて、なおかつビザの援助もしてくれるところと考えていた時に日本人が経営するジャパニーズレストランで募集があることを知り日本にいながらスカイプ面接を受けて内定をもらいました。現地に行ってから飛び込みで求人情報があれば面接を申し込もうと思っていましたが、スカイプ面接を人生初体験しましたが普通の面接と特に変わりなく志望理由を伝えたり日本での職歴や得意なことなどいたって普通の質問内容でした。オーストラリアには日本人も多く滞在しているため、オーストラリアにいながら日本人向けの求人サイトも設置されているので、日本人の方には比較的求職活動には困ることは少ないコクのように感じます。日本語と英語ができるということで、日本人旅行者も多いので働き口はあると思います。

オーストラリアの飲食業の待遇や仕事内容

年収は、1年目で350万円ほどでした。オーストラリアではボーナスという文化はありません。そのため、毎月もらい給与を単純に12等分すれば年収は簡単に見積もることができます
物価が高いのも特徴ですが、時給は最低賃金が16ドルほどありますので、年々最低賃金が上昇しているので非常に稼ぎやすいと思います。350万円という給与でしたが、働いた時間は、残業は0時間ですので日本で働くよりも俄然稼ぎやすい国だと思います。実際に行った仕事内容はというと、日本の飲食店と特に変わりはありません。ただ違うのは英語を使って海外のお客様をテーブルへ案内したりオーダーをとったりしました。英語で日本の料理を説明するなど独自の英単語を必要としますが、英語力を伸ばしたい人にとっては英語力も伸びますし、仕事で実際に英語を使用する実務体験も詰めますので、良いと思います。仕事自体はしんどいということはなく、お客さんもスタッフに話しかけてくれたり笑顔で接してくれるので、楽しい環境です。

オーストラリアではサービス残業が全くない。

オーストラリアで働いて感じたことは、全く残業の文化がないことでした。仕事がまだ営業時間であってもお客さんが少なければ30分前にでも看板を片付けて店じまいの準備を始めます。また、閉店15分前に来た方でも追い返してしまうなどあまりお金に対して商売っ気がないように感じましたので、日本はシッアkリト営業時間内まで仕事をしているだけでなく、仕事が終わってもまだ仕事しているということを考えると仕事に対する考え方が違うと感じました。でも、仕事が早く終わるということは嬉しいことですぐにプライベートを楽しめることもできますし、朝から仕事の日には、16時頃にはもう自由時間なので、夕方からお酒を飲んだり家族と過ごす時間もあるなどとても有意義に過ごせます。オーストラリア人とっしょに働くことについて初めはコミュニケーションがネイティブの人と取れるか不安でしたが、自分の英語力に合わせてスピードを落として話してくれたりするので、優しい心遣いにより一層に魅力を感じます。