ブリスベンで日本語教師として語学学校に就職。オーストラリアで日本語を教える働き方

オーストラリアで日本語教師求人をどのように見つけたか

語学学校を卒業し、オーストラリアで生活を始めていた際にい飲食店やおみやげ屋さんやフルーツピッキングなどのアルバイトをこなっていました。しかし、どれも体力的にも長続きすることができず、語学力を活かした仕事でオーストラリアの人々と触れ合える仕事がしたいと思っていた矢先に、語学学校でお世話に成った先生と会う機会がありました。その時に、日本語の先生としてオーストラリアに在住する日本人の子供達に日本語を教えてあげてはどうかと相談を受けました。子供達はハーフの子が多いのですがどこかしら日本人を感じる風貌をしています。しかし、日本語は片言ということもありもっと日本語が上手になればいざ日本に住むことになっても苦労することがないだろうと、子供達の将来につながる教育に携われるということもあり、先生としての研修を受け求人に応募をしました。人伝てに紹介をしてもらって、いくつかの市内にある日本語学校を訪問して決めました。

オーストラリアでの教員職(日本語教師)の待遇や仕事内容

年収は、約400万円ほどです。時給でいうと16ドルほどありましたが、勤務時間は短いためそれほど稼ぐことはできなかったと思います。他の仕事をしている友人と比較すると年収に開きがあると感じました。具体的に行った授業は、夕方から生徒たちが学校を終えて通い始めます。勤務時間は3時間ほどで、あいうえおを教えてあげる他、書き方や発音方法、幾つかの単語を使ったフラッシュカードを使用して子供達に日本語を教えていくという授業を担当していました。他にも、日本語の絵本を読むことで、視覚的にも興味を持ってもらおうと授業に取り入れていました。基本的には、こうしないといけないという授業方針はなく先生の裁量に合わせて教育方法や授業の進行を決めることができました。生徒の語学力に合わせてコースも異なっているので、作文を各クラスもありました。自分が小学校で日本語を学んでいた頃が懐かしいなと思うこともありましたが、日本で受けた教育を思い出しながら黒板を使って語学を伝えていました。

日本人がオーストラリアで働くとストレスを全然感じない

オーストラリアではたらくことと日本で働くことの違いは、時間を気にしないということです。
時間に縛られることなく、今やりたいことにチャレンジをする。子供達も興味のあることには率先して取り組むなどストレスなくみんなが自由に授業に取り組むスタイルや雰囲気が確立されているため、自然スタイルで語学と触れ合い楽しく勉強するという環境だと気づかされることもありました。オーストラリア人と一緒に働くことで日本との違いを知り、その違いが自分の固定観念を広げてくれるきっかけとなりますので、人間力が成長できる環境だと感じました。オーストラリア人はとにかく恥ずかしいという感覚はありません。フレンドリーに人と接するという文化があり、父兄の方々もお迎えに来る時には笑顔でハグをしたり先生と座談をしたりするなど壁のようなものもなく人と人と接するスタイルですので、日本にもこのように気を使うということもなく自然体で接することができ環境があればと思いました。気疲れすることもなく自然体で摩擦の起きない環境で楽しいです。